水を求める旅をつづる


by xuoelxzcsp

インフル定点報告、4週連続で減少―10週ぶり20未満に(医療介護CBニュース)

 インフルエンザ定点医療機関当たりの全国の患者報告数が、昨年12月21-27日の週は19.63で、前週より2.81ポイント減ったことが1月7日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。定点当たり報告数が20を下回ったのは、10月12-18日の週以来10週ぶり。定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数の推計は、前週より7万人減の約100万人。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】


 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、宮崎(44.54)が最も多く、次いで沖縄(43.40)、福島(33.99)、福井(33.94)、鹿児島(33.65)などの順=表=。宮崎、沖縄、鹿児島などを除く38都道府県で前週よりも減少した。20を超えたのは前週より10県減の27県で、30を超えたのは2県減の7県だった。

 警報レベルを超えているのは401保健所(47都道府県)で、前週より22保健所減った。注意報レベルのみを超えているのは8保健所減の48保健所(26都道府県)。


【関連記事】
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
インフル定点報告、3週連続で減少
人口の10%以上が感染―2009年重大ニュース(1)「新型インフルエンザ」
インフル患者、20歳代以下で減少−感染研
新型インフル、感染も2割は無症状―大阪で血清疫学研究

c7mlnm21のブログ
こんにちはベイベー
ショッピング枠現金化
競馬サイト
債務整理・自己破産
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-01-13 21:20