水を求める旅をつづる


by xuoelxzcsp

カテゴリ:未分類( 73 )

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)陣営の選挙違反事件に絡んで、小林氏側が北海道教職員組合(北教組)側から、裏金を選挙費用として受け取っていた疑いが強まったとして、札幌地検は15日夕、札幌市中央区南3西12の北教組の事務所に捜索に入った。

 札幌地検は、小林氏陣営は、北教組から提供された約1千数百万円が、政治家個人への企業・団体献金を禁じた政治資金規正法違反の疑いがあるとして、強制捜査に踏み切ったとみられる。

殺人容疑で男を逮捕=包丁で知人刺す−青森県警(時事通信)
預金55億の利息流用か=小林氏側への選挙資金に−札幌地検(時事通信)
<鯨肉持ち出し>グリーンピース2被告、初公判で無罪主張(毎日新聞)
ベトナム難民の子、送還取り消し=タイ出生で無国籍−東京地裁(時事通信)
あて先ない「紹介状」の提供依頼に注意を―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-22 20:04
 内閣府が19日発表した2007年度の県民経済計算によると、都道府県1人当たりの所得額(県民所得)の全国平均は、当時の景気拡大を背景に企業の利益や賃金の上昇で前年度比0.7%増の305万9000円と4年連続で増加した。首位の東京から最下位の沖縄までの地域間格差の大きさを示す数値はわずかに低下したが、開きは依然として大きい。
 1人当たり県民所得は、雇用者報酬、財産所得、企業所得の合計を人口で割った金額。
 1位は東京(454万円)で、愛知(358万円)、静岡(338万円)、神奈川(328万円)が続き、前年度と同じ順位。一方、最下位は沖縄(204万円)で、高知(211万円)、宮崎(215万円)、長崎(219万円)の順で低かった。増加したのは29県で、前年度の33県より減った。
 増加率ではシリコンウエハーなどの製造業が好調だった佐賀(5.0%増)がトップで、広島(4.0%増)、茨城(3.9%増)が続いた。これに対し、建設業などが不振だった北海道(3.4%減)、滋賀(3.0%減)の順で減少幅が大きかった。 

京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ(産経新聞)
中国・北の脅威対処、新防衛大綱へ議論開始(読売新聞)
ホームに上がろうとした女性、地下鉄にはねられ死亡(読売新聞)
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
関東で18日朝にかけ雪、南部で積雪のおそれ(読売新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-21 16:20
 千葉県浦安市は19日、市内在住のサッカー元日本代表、宮澤ミシェルさん(46)を市教育委員に任命する人事案を市議会に提案した。26日の本会議で承認される見通し。

 宮澤さんは県立市原緑高校在学中の81年、フランス国籍で国体に出場、初の外国人国体選手として話題になった。日本リーグのフジタ工業(現湘南ベルマーレ)を経てジェフ市原(現ジェフ千葉)に入団。93年に日本国籍を取得し、Jリーグで4年間活躍した。引退後はサッカー解説者を務めている。

 市教委の担当者は「宮澤さんには市立中学校に通う子供がいる。スポーツや文化の振興に貢献してほしい」と話している。

【関連ニュース】
雑記帳:破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム
この人に聞きたい:ジェフ千葉新加入選手 /千葉
サッカー:J1復帰に期待、レイソルを激励−−柏市長 /千葉
サッカー:元Jリーガー・宮澤ミシェル氏、日南・飫肥小児童と交流 /宮崎

【Web】ポスペがツイッターに対応 「PostPetNow」(産経新聞)
エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる−詐欺容疑で3人逮捕・警視庁(時事通信)
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏(産経新聞)
企業内部留保への課税検討=首相、共産委員長に表明(時事通信)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-20 06:07
 ■書く喜びを分かち合い

 直木賞・芥川賞から自治体が主催するものまで、全国に文学賞は数多い。中でも珍しいのが、女性だけを対象にした「大阪女性文芸賞」。男性中心に運営されてきた既存の文学賞に対し、「女性のための文学賞を自分たちの手で作ってみよう」と昭和58年、文学を愛する女性たちが大阪で立ち上げた。

 先輩からのバトンを受けて、賞を主催する大阪女性文芸協会の代表を務めて10年。毎年、400編近い応募作品を事務局メンバーとともに下読みし、スポンサー探しにも奔走する。「継続するのは本当に大変。でも、女性である私たちだからこそ理解できる場所でもあるから」と、全国から届いた原稿の山に向かう。

                   ◇

 文学少女だった子供時代、「読む」から「書く」楽しみを知るようになったのは、意外にも漫画がきっかけだった。少女漫画が大好きだった友人が上手に漫画を描くのを見て、まねしようとしたが「私の絵は、止まっているんです」。ただ、ストーリーは次々とわき上がってきた。友人のように上手な絵は描けないけれど縦書きの文章ならできる、と確信した。

 書く楽しさを覚え、中学進学以降も次々と物語を書いた。映画「風と共に去りぬ」を見た後は自分もM・ミッチェルの気分で、ノート3冊をつぶして長編小説を執筆。眉村卓さんのSF小説に触発され、SFを書いたこともある。作品を読んでくれた友人たちは「映画会社に持っていけば」と絶賛。「良い友達に恵まれましたね」

 しゃべるのも好きで、短大卒業後、ラジオのディスクジョッキーに応募したことがきっかけで、パーソナリティーとして活躍。ところがしゃべる方にエネルギーを注ぎ込んだあまり、「書こうという気持ちはうせてしまいました」。

 書く楽しみがよみがえったのは、結婚を機に夫の出身地である大阪に来てから。専業主婦で友達もいない。ありあまる時間をどうしようかと思ったときに、ふと「書きたい」と思った。同人誌に掲載された作品が注目を集めるようになり、30代で文学賞も受賞する。大阪女性文芸協会から誘いの声がかかったのも、そのころだ。かつての自分と同じく、書く喜びを見いだした女性たちが一歩を踏み出せるようにと、今度はそっと背中を押す側に回る。

                   ◇

 今や女性作家の活躍はめざましく、文学賞も次々と受賞している。女性限定という賞のあり方に疑問を投げかける人もいる。だが、若い女性作家に比べ、子育てなどを一段落してから書き始めた、遅咲きの女性作家をすくい上げる文学賞は多くない、と感じている。

 子育て、介護、愛の形−文学に託された女性たちの思い。「女性だからこそ抱えなくてはならない問題を、直球として、そのまま受け止めたい」

(岸本佳子)

                   ◇

【プロフィル】尾川裕子

 おがわ・ゆうこ 昭和29年、北海道函館市生まれ。56歳。札幌短大卒業後、フリーアナウンサーに。55年結婚を機に大阪へ。平成2年『積もる雪』で自由都市文学賞佳作、3年『星祭り』でらいらっく文学賞受賞。4年から大阪女性文芸協会理事、12年から代表。著書に短編集『星祭り』。

開封後1週間のワクチン接種=新型インフル、子供8人に−茨城(時事通信)
女児にお名前は? 公園トイレで無職男が強制わいせつ(産経新聞)
<普天間移設>沖縄県連も提案へ 民主議員が意向(毎日新聞)
山本病院事件、専門医は用いない「無謀な手術法」(読売新聞)
<訃報>井上梅次さん86歳=「嵐を呼ぶ男」監督(毎日新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-19 06:32
 MOTTAINAIキャンペーン名誉会長で国連平和大使のワンガリ・マータイさんが17日午前、毎日新聞東京本社ビル(東京都千代田区一ツ橋)を訪れ、1階のキャンペーン公式店「MOTTAINAI STATION&Shop」に立ち寄った。マータイさんは、京都市で開かれた「KYOTO地球環境の殿堂」表彰式などに出席するためケニアから来日中。

 マータイさんは風呂敷や着物をリメークしたコートなどに関する説明に「とてもすてきな商品ばかり。世界中で買えたらいいですね」と話した。同店は昨年11月開店。キャンペーン関連商品を展示・販売する国内唯一の常設店舗だ。

 また、マータイさんの伝記絵本「その手に1本の苗木を−マータイさんのものがたり」(評論社)を翻訳して昨年出版した作家の柳田邦男さんも店舗を訪れ、同書をマータイさんに手渡した。

【関連ニュース】
マータイさん:「KYOTO地球環境の殿堂」入り
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
マータイさん:来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定
MOTTAINAIピックアップ:中古服販売セール好評
MOTTAINAIインタビュー:42回 ワンガリ・マータイさん

小沢氏ご満悦、民主女性議員からチョコ(産経新聞)
<灯ろう祭り>陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」(毎日新聞)
小沢幹事長「検察捜査に勝るものない」 不起訴受け強気一辺倒(産経新聞)
【中医協】勤務時間の把握、「タイムカード」を削除(医療介護CBニュース)
祖父の除雪機、巻き込まれ4歳孫死亡…秋田(読売新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-18 05:47
 【NYオヤジ流レシピ】

 カレーは日本の国民食の一つであり、月に1、2度は食卓に並ぶ人気メニューではなかろうか。

 一般的に日本の家庭では固形状のルーを使用する。激辛、中辛、マイルドな甘辛などいろいろなものがある。また外食ではサラサラカレー、スープカレー、カツカレー、カレーうどんなど数多くのアイテムがあり、若者たちの人気が集まっているようだ。

 ここNYでも数年前から静かなインド料理のブームが巻き起こっている。インド街もできて、うまいカレースポットも出現しつつあるようだ。今回はその本場のカレー作りに、基本中の基本からチャレンジしてみよう。

 食通をうならせる自然の恵みたっぷりの味は、野菜やフルーツ、メープルシロップ、カシューナッツなどさまざまな素材を生かすことから生まれる。具だくさんで、香辛料をふんだんに用いたカレーソースは栄養満点。体も心も温まる。

 カレー(Kari)の語源は、「食事」を意味する言葉から来ているという。南部インドでは、香辛料を使った料理のソースをカレーと呼ぶ。インドの歴史は5000年近くにのぼるが、インドカレーの種類には、その年月と同じほどの種類のレシピがあるともいう。食文化の深さを考えさせられる。

 ヒンズー教、仏教からの由来で菜食主義が主流となる。多種多様なスパイスと野菜をふんだんに使うソースは、地域、民族、宗教、階層で異なり、多くのバリエーションがある。

 大きくは南インド、北インド料理に分けられ、ヒンズー教の中でも完全菜食者と非菜食者(牛肉以外のラム肉、鶏肉、魚を食べる人たち)がいる。宮廷料理の一方で、貧しい家庭がありあわせの食材をとにかく鍋にほうり込み、ぐつぐつと煮立てたカレーも存在する。温度が高く、食材が傷みやすい土地柄だけに、殺菌作用のあるスパイスが欠かせないわけだ。

 インド人は毎日といっていいほどカレーを食べるが、しかし日本流の固形ペースト状ルーで作る濃厚なソースや、あらかじめ混ぜ合わせられたカレー粉は存在しない。黄色のカレー粉は、植民地時代にインドから香辛料を持ち帰り、英国で独自にブレンドされた発明品であった。同じようにインドから英国経由で世界に広まったものに、紅茶がある。

 本場インドで使うスパイスは多様だが、基本はクミン、ターメリック、コリアンダー、フェヌグリーク、チリ、ナツメグ、シナモンなどのスパイスで、パウダー状になったものを使う。日本で市販品として出回っているカレー粉は、7、8種類がすでにブレンドされている。また、ホテルやレストランでは、あらかじめブレンドされたカレー粉と別に、独自のブレンドを使い分ける場合も多い。

 私自身は、よく煮込んだダシにピューレした野菜、フルーツを加え、濃厚なうまみを引き出すカレー作りを心がけている。とくに野菜の嫌いな子供たちには、小さく切ったフルーツとハチミツを加えると喜ばれる。夏バテ、あるいは寒い季節の風邪予防にピッタリだ。

 私の働くホテルでも、ヨーグルト入りのタンドリカレーや、ラムの入ったドライカレーに人気がある。本来のインドカレーは健康食そのものだから、カロリーやコレステロールを気にしなくても満腹感を味わえるわけだ。なかでも英国人はとりわけカレーが大好きで、彼らにとっては定番メニューにもなっている。

 近頃では草食系人間という言葉もあるようだが、今回は自然にこだわった菜食カレーのレシピをお送りしたい。日本では付け合わせはチャツネやらっきょう、福神漬けが定番だが、インドでは薄くて丸い「おかき」のようなパパドン、あるいはタンドリ釜で焼き上げた柔らかいナンなどとともにいただく。サッパリ味のサラダを添えるとさらにおいしい。

【材料(4人分)】

玉ねぎ 大2個(みじん切り)

ショウガ、ニンニク 各大さじ2(みじん切り)

トマト 大2個(湯むきし種取ってサイコロ切り)

カレー粉 大さじ4(好みでスパイスをプラス)

サラダオイル 大さじ4

バター 大さじ4

ニンジン、ポテト、カリフラワー各1カップ(2cmのサイコロ切り)

青菜、キヌサヤ豆、グリーン豆

りんご 1個(皮をむいてサイコロ切り)

マッシュルーム 小6個

ハチミツ又はメープルシロップ 大さじ2

水 8カップ

塩、 適量

ご飯 4カップ 

※白米、又はバスマティ・ライス(Basmati rice)

【作り方】

(1)熱したソース鍋にオイルを入れ、中火で玉ねぎ、ショウガ、ニンニクをカラメル色になるまでいためる。カレー粉を加え、さらに10分いためる。

(2)湯むきしたトマトに2カップの水を加え、ミキサーにかけてジュース状にし、(1)の中に流し込む。ポテト、ニンジン、カリフラワー、りんごと水を加えて45分−1時間くらい煮込む。

(3)野菜がトロリと煮えたら残りの青野菜を加えてさらに15分くらい煮る。ハニー、塩で味を整え、濃厚な味に仕上げる。

ポイント−玉ねぎ、ニンニク、ショウガをよくいためてうまみを出す。カレースパイス、トマトを加えて香辛料をなじませ、野菜がトロリとするまで煮込む。もっと濃厚に仕上げるならアップルソース、ヨーグルトを加えるといい。

【関連:「NYオヤジ流レシピ」】
【関連記事】
ボヘミアン・グーラッシュ 体のしんまで温まる牛肉シチュー
シーザーサラダ 映画スターも愛した伝説の一品
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
バッファロー・ウイングス ビールのつまみに
エッグ・ベネディクト ウォール街の定番

番号制度、来年にも法案提出=検討会初会合で菅副総理(時事通信)
表皮水疱症患者ら、ガーゼ代援助求める意見書(産経新聞)
「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か(産経新聞)
ラッシュ時に3割運休 脱輪で京王線(産経新聞)
機動戦士ガンダムなど無断上映 「まんがランド」店長を逮捕 千葉県警(産経新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-17 06:28
 女性に無理やりわいせつな行為をして財布を奪ったとして、警視庁渋谷署は強盗と強制わいせつの疑いで、住居不詳、元サッカー日本代表候補の無職、茂原岳人容疑者(28)を逮捕した。同署によると、茂原容疑者は「強制わいせつではなく合意の上だった。財布も取っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月中旬の深夜、東京都渋谷区内の路上で、帰宅途中だった女性=当時(19)=を駐車場に引きずり込みわいせつな行為をしたほか、現金数万円などが入った財布を奪ったとしている。

 同署によると、現場に残された体液のDNA型などから茂原容疑者が浮上。今月上旬、強盗などの疑いで指名手配して行方を追っていた。今月12日になり、山梨県内で同県警が茂原容疑者を発見して身柄を確保し、同署に引き渡した。

 茂原容疑者は元Jリーガーで平成18年、川崎市内の女性方に侵入したとして住居侵入容疑で逮捕され、起訴猶予処分になった。

【関連記事】
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
収容少年のズボンに手 中等少年院教官、容疑で逮捕 神戸地検
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超
女性の胸触る、容疑のわいせつ教諭を停職6カ月
「胸を触らせて」と女性巡査にメール セクハラで巡査部長停職処分 兵庫県警

<長谷川等伯展>出品の国宝2点搬出 京都・智積院から(毎日新聞)
医療事故調「今国会で議論を」(医療介護CBニュース)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−宮崎(時事通信)
<鴻巣市移動支局>開設 「びっくりひな祭り」に合わせ(毎日新聞)
1人暮らし女性が窒息死 事件の可能性も 水戸 (産経新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-16 05:52
by xuoelxzcsp | 2010-02-15 02:35
 09年のカーナビゲーションの盗難件数が、統計を取り始めた04年以降最多となったことが警察庁のまとめで分かった。外国人らの窃盗グループが盗み出し、ネットオークションなどにかけて高値で売却していることが背景にあるとみられる。

 警察庁によると、09年の盗難件数は2万3796件(前年比7.8%増)。車の部品を狙った盗難件数は7万5363件と減少傾向だがカーナビ盗難は増加を続けている。全体に占める割合は31.6%で、初めて3割を突破。

 自動車の盗難件数は2万5808件(同6.2%減)。6年連続で減少し、ピーク時の約4割となった。

 自動車盗は03年に過去最多の6万4223件を記録。最も有効な盗難防止装置とされるイモビライザーの装着車種が国内8メーカーの全車種の約87%(09年)にまで拡大、全生産台数に占める装着率も47.3%(08年)となったことなどを受け、04年以降は減少傾向に転じた。

 一方、高級車の盗難台数は前年に比べ大幅に上昇。トヨタの高級車のセルシオが875台(前年比54.9%増)、ランドクルーザーが812台(同63.7%増)。セルシオは約5割弱、ランクルも3分の1でイモビライザーが装着されていたことから高度な技術を持つ窃盗グループが暗躍しているとみられる。

 07年から盗難件数急増のトヨタハイエースは車種別では最多の2671台(同10.5%増)が盗まれた。高級車ではないが、中東やアフリカで人気が高く警察当局は解体後、不正輸出されているとみている。【千代崎聖史】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:運転の男を逮捕 危険運転致死容疑など
名古屋ひき逃げ:警官追跡前は「カーナビ物色中だった」
広域窃盗:自動車盗容疑、リーダー格逮捕 /静岡
身近な犯罪:09年、13%減の1万1750件−−県警まとめ /栃木
JA鈴鹿強盗:3容疑者を追起訴−−地検 /三重

<人形浄瑠璃文楽>「源大夫」「藤蔵」親子襲名(毎日新聞)
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ(産経新聞)
ハイチ大地震 陸自の重機 成田を出発(毎日新聞)
<雅子さま>病状は大きく改善 東宮職医師団が見解(毎日新聞)
作家の立松和平さん死去、62歳(読売新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-13 06:03
 「遠雷」「道元禅師」などの小説で知られる作家の立松和平(たてまつ・わへい=本名横松和夫=よこまつ・かずお)さんが8日午後5時37分、脳内出血のため東京都内の病院で死去した。62歳だった。栃木県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻美千繪(みちえ)さん。 

【関連ニュース】
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去
小田実全集、初の電子出版で=来春から刊行
室伏哲郎さん死去=「汚職の構造」のノンフィクション作家
原田康子さん死去=小説「挽歌」がベストセラー
庄野潤三さん死去=家族小説書き続けた「第三の新人」

工事トラブルで住民脅す=容疑で山口組系会長逮捕−大阪府警(時事通信)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
<歴史共同研究>政権に影響、中国側懸念「戦後史は非公表」(毎日新聞)
<漁船銃撃>衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い(毎日新聞)
<自殺>山形の市議、前日に県警聴取(毎日新聞)
[PR]
by xuoelxzcsp | 2010-02-12 11:02