水を求める旅をつづる


by xuoelxzcsp
 ずさんな融資を繰り返し経営難に陥らせたとして、新銀行東京(東京都新宿区)が旧経営陣の仁司(にし)泰正・元代表執行役と丹治(たんじ)幹雄・元執行役に計5億円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、東京地裁(菅野博之裁判長)で開かれ、仁司氏らは全面的に争う姿勢を示した。

 銀行側は、仁司氏らが05年の開業以降「スコアリングシステム」と呼ばれる自動審査システムを使って中小企業向け融資を展開したため回収困難な融資が続出したのに、抜本的な対策を取らず経営悪化を招いたと主張している。

 丹治氏は弁論前に会見し「都議会の承認を得たマスタープランをベースに運営したもので、執行陣の意思決定権限にはおのずから限界がある。業務執行に携わった一人としての責任は感じているが、賠償責任を追及される立場にはない」と話した。

【関連ニュース】
石原都知事:出馬を示唆「場合によってはやるよ」
石原都知事:4選出馬に含み

開港1週間茨城空港の暗い未来 格安航空会社誘致も「色よい返事なし」(J-CASTニュース)
三笠宮さまご退院(産経新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い−水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)
将棋 久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
<訃報>前川八郎さん97歳=プロ野球巨人の最高齢OB(毎日新聞)
[PR]
# by xuoelxzcsp | 2010-03-19 22:11
 アットホームな雰囲気で料理を学べる教室が増えている。その中で、ワインの選び方やプロ並みの料理のコツなど、幅広い食の知識やシェフらとの交流から得た消費者目線の生の料理体験を伝授するサロンを都内の自宅で開いている。

 内食グルメブームの追い風もあり、OLや主婦らに人気でキャンセル待ちがでるほど。ユニークな乳児同伴の講座も盛況だ。

 「食の広がりと楽しみ、そして食文化を深めるようなサロンを目指しています」。経営コンサルタントを務めるだけに、コンセプトは明確だ。

 もともと料理づくりや食べ歩きが趣味で、各地のワイナリーをめぐった。日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を取得して5年。野菜ソムリエでもある。

 長年の家庭料理はもちろん、有名シェフの料理教室に通ったり、レストランで気に入った料理は直接、厨房(ちゅうぼう)でポイントを教えてもらったり、ソムリエの手伝いをしたり。おいしさを追求する努力を重ねた。

 ホームパーティーなどで料理の腕を披露したところ、「教えてほしい」と口コミで希望者が増え、サロンを開設することになった。

 「日本の四季を感じる旬の食材を使った和洋折衷の料理を考案し、伝統の行事を祝うことも大切にしています」

 毎回のタイトルは「春野菜を使ったおもてなしイタリアワイン」「おせちと日本酒」など。独自のレシピが並ぶ。教材づくりは、ビジネスで培ったプレゼン資料の作製経験がおおいに役に立った。

 「料理は、ちょっとしたコツを知れば格段においしくなります。つくることがそれほど難しくないと知ってもらいたい」とも。

 昨年6月に出産した後、わずか3カ月で再開したが、その経験からベビーママクラスを開いた。「ワイングラスの関係者ら食文化を担う人を招いてコラボレーションしたい」と、アイデアはつきない。情報発信の場としてのブログも書いておりアクセス数が多い。

 「人生1度きりなので、後悔しないように毎日を生きる」が信条で、多忙も苦にならない。

 経営コンサルタント会社のコンサルタントだったときに学んだことは「クライアントの業績を上げるためには、そのお客さんの満足度を高めることが大切で、もちろんそれを実行する社内のやる気も重要ということ。サロンの経営でも参加してくれるみなさんに役立ち、楽しめるようなレシピを心がけています」。

 趣味もテニス、ゴルフ、ジョギングと幅広く、フルマラソンにも出場する。「料理にさまざまな分野の情報を取り入れ、参加者の輪を広げていきたい」と語った。(坂口至徳)

【プロフィル】岩下美帆

 いわした・みほ 昭和49年、兵庫県宝塚市生まれ。35歳。聖心女子大学卒業後、会社社長室を経て経営コンサルタント会社のコンサルタントとして、さまざまな領域のプロジェクトに参画。退職後は経営アドバイザーを続けるとともに、「岩下美帆料理サロン」を都内で主宰している。

【関連記事】
欧州から日本進出 ベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン」
“世界一”のトイレやサラリーマンロボも登場、上海万博「日本産業館」
日本酒離れ歯止めを!蔵元サバイバル、女心くすぐる企画とは…
そば焼酎 ブームの予感 クセ少なく、すっきり
食料難時代の切り札 「植物工場」で“未来型野菜”

バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)
日中文通クラブ、ネットに勝てず 日本側の参加者激減(産経新聞)
外交文書「30年で公開」、外務省が規則制定へ(読売新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
カーネル・サンダース人形 甲子園球場近くに定住へ(毎日新聞)
[PR]
# by xuoelxzcsp | 2010-03-18 15:39
 新潟市美術館で4月24日から6月13日まで開催される「奈良の古寺と仏像」展をめぐり、文化庁が国宝、重要文化財(重文)の展示に難色を示している問題で、篠田昭市長は12日、同庁を訪れて美術館の管理運営マニュアルの改善案などを示し、展示許可を求めた。この際、自ら館長を兼務して展示終了まで陣頭指揮に当たる考えを明らかにした。
 応対した同庁の合田隆史次長は「決意はうかがったが、国宝は国民の宝。きょう結論が出る話ではない」と判断を留保した。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館
仏像窃盗、元住職に実刑=事業資金目的「動機は悪質」
重文の観音坐像見つかる=窃盗容疑で会社員男逮捕
仏像盗んだ男に懲役2年4月=「寺の信仰害された」

囲碁女流名人戦第2局へ(産経新聞)
学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める(読売新聞)
<平野官房長官>内閣支持率続落を分析(毎日新聞)
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
[PR]
# by xuoelxzcsp | 2010-03-16 23:58
 文部科学省は5日、国公立大入試の中・後期日程で24大学31学部(未発表の東大を除く)が大学入試センター試験の成績で志願者を門前払いする2段階選抜を実施したと発表した。2次試験を受けられずに不合格となったのは、昨年より694人多い4221人だった。
 前期日程と合わせると、昨年より986人多い延べ7143人が門前払いとなった。出願校すべてで2次試験に進めなかったのは1792人だった。 

統幕学校卒業式 田母神氏の出席拒否 招待一転、防衛省が圧力?(産経新聞)
<アカデミー賞>長編アニメ賞に「カールじいさん」(毎日新聞)
サーブ機に車輪トラブル=ランプ不点灯、けが人なし−北海道(時事通信)
アーチェリー場高2死亡事故、同級生を書類送検 「ごめんね」繰り返す(産経新聞)
「情報ダイヤル」を廃止=名称誤解され、機能せず−消費者庁(時事通信)
[PR]
# by xuoelxzcsp | 2010-03-12 17:24
 6日午後3時10分ごろ、東京都大田区羽田の環状8号線で、江戸川区の会社員男性(45)の乗用車が、お笑いグループ「ロバート」の秋山竜次さん(31)が運転する乗用車に追突した。
 秋山さんの車は、さらに前を走っていたお笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(32)の車に追突。警視庁蒲田署によると、秋山さんが首に軽傷を負い、堤下さんと男性にけがはなかった。
 男性は「よそを向いていた」と話しており、同署は前方不注意が原因とみて調べている。
 同署によると、現場は見通しの良い片側3車線の直線道路で、3台とも同じ車線を走行中だった。秋山さんと堤下さんは、一緒にラーメンを食べに行くところだったという。 

【関連ニュース】
トレーラー追突、6台玉突き=4人死傷、運転手を逮捕
バイクに車で追突、少年死亡=「蛇行」に殺意、男逮捕
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし
パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷
「報ステ」アナが人身事故=原付きバイクと接触、男性軽傷

「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード(産経新聞)
<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?(産経新聞)
<宮崎・家族3人殺害>「自由なくストレス」/奥本容疑者「義母に反抗できず」(毎日新聞)
[PR]
# by xuoelxzcsp | 2010-03-10 22:57